アレルギーとは

本来、自己と非自己を区別する仕組みが生体の免疫システムですが、異物の侵入から自己を守るための免疫反応が病的に反応することで、自己を傷害する状態をアレルギー反応と言います。このアレルギー反応によって、引き起こされる様々な症状がアレルギー疾患です。同疾患には、食物アレルギー、気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、薬剤アレルギー、金属アレルギー等が含まれます。

以下に、主な症状を記載します。心当たりのある方は、お気軽にご相談ください。

  • くしゃみや鼻水がずっと続いている
  • 目の充血や流涙が止まらない
  • 咳が続く、もしくは運動後や悪天候時の咳が長い期間に及んでいる
  • 原因が特定できない湿疹や皮膚のかゆみがある
など

食物アレルギーとアナフィラキシー

食物アレルギーは、①皮膚・粘膜の症状(かゆみ、赤み、蕁麻疹、口唇やまぶたの腫れ、喉の違和感等)、②呼吸器の症状(咳込み、ぜーぜー、呼吸苦等)、③消化器の症状(腹痛、嘔吐、下痢等)、④循環器の症状(失神、失禁、筋緊張低下等)等を認めます。①と②③④いずれかの“重篤な”症状を同時に認めた状態をアナフィラキシーと呼びます。アナフィラキシーは、ショック状態(急激な血圧低下等)に至ることがあり、緊急に適切な対応が必要です。

※稀ですが、アナフィラキシーを引き起こし得るアレルギー疾患として、食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)、口腔アレルギー症候群(OAS)、花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)、ラテックス-フルーツ症候群、等も念頭に置く必要があります。

主なアレルギー疾患

  • 食物アレルギー
  • 気管支喘息
  • 花粉症
  • アレルギー性鼻炎
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性結膜炎
  • 薬剤アレルギー
  • 金属アレルギー
など

舌下免疫療法

準備中です(6月から対応予定です)。